--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン 11

2011年08月10日 12:55

連日の猛暑でずっとクーラーつけた環境にいるんですが、
昨日、「どうも冷え性がひどくなってるなぁ…」ということに気付いたtamaです^^;
もっと早く気づけよ、って感じですが…。
このだるさも冷えから来てるのかなぁ。
今日あたり半身浴でもしようかと思います。
でも半身浴の後、暑すぎて冷水シャワーしちゃうんだけど
それも我慢しないといけないんでしょうか(笑)?出来るかなぁ^^;


ミュンヘン旅行、まだまだ続きます。
この日は私のミュンヘン旅行の…いや、私のヨーロッパ旅行の
最大の目玉というべき場所へ!!

連れの連れ(ドイツ人)が車を持っていたので有難いことに車で行けました!
通った道はこちら!
mu110810a.jpg
そう、かの有名なロマンチック街道」です~!
写真の中の標識、ドイツ語表示の下に小さく日本語でも「ロマンチック街道」て書いてるんですが
なんかちょっと興ざめ…^^;

車酔いが激しい私はひたすら眠りこけてましたが(笑)
連れに「ねぇねぇ!あれちゃう!?!?」と叩き起こされ、
目に飛び込んできたのが
mu110810b.jpg
ノイシュヴァンシュタイン城!!

そうです、私の今回の旅の一番の目的は
かの悲劇の国王、ルードヴィッヒ2世が建設したノイシュヴァンシュタイン城に来ること!!
ディズニーランドのシンデレラ城のベースになったことでも有名ですね。
すごい!夢みたいだ~。
もう車の中は大騒ぎでした…って騒いでたのは専ら私ですが^^;
歴史好きにはたまらんお城です。
連れと、連れの連れ(ドイツ人)は、言えば私についてきた形ですが
それでもそれなりに感動していました(笑)。

それにしてもこの真っ青な空、草木の緑、花の黄色、そして純白の城壁…
まるでおとぎ話のようじゃないですか??

もっと近くで。
mu110810c.jpg
緑の山肌の中に颯爽とそびえ立つ白亜のお城。
そうだ、これが見たかったんだ…!

ノイシュヴァンシュタイン城の近くには、
ルードヴィッヒ2世が幼少時代を過ごしたホーシェンガウ城が。
mu110810d.jpg
こちらは黄色の壁でポップな感じ。

お城は2つとも予約ツアー制で、勝手に入城することは出来ません。
ホーシェンガウの時間のほうが早かったのでまずそちらに行くことに。
mu110810e.jpg
時間通りに集合場所に行きます。
mu110810f.jpg
遊園地のアトラクションのような入口。
人数は大体30人くらいのツアーに、ツアーコンダクターの人が一人つきます。
英語ツアーだったのでほぼ欧米人ばかりでした。
欧米人はノリがいいというか大げさなので、ちょっと面白かった。

お城の中は撮影禁止…
そしてずっとツアーコンダクターについて回らないといけない…
と、正直「堪能した!」とは言い切れませんが、
それなりに楽しめました。
窓の外は撮ってもいいよ、と言われたので
mu110810g.jpg
窓の外がまるで絵画のよう。
想像を絶する贅沢です。

贅沢と言えば、お城の中の部屋は広さこそありませんが
(なんで昔のお城や宮殿は小さな部屋が無数にあるんでしょうね)
豪華絢爛で調度品も素晴らしいものばかりでした。
壁の絵もとっても緻密でドラマティックなものが多かった。

本の中でしか読んだことのなかったお城に実際に自分がいる!と
本当に興奮してしまって、連れが「これがルードヴィッヒ?」と聞いてきても
「ちゃう!それはマキシミリアン2世や!」と鼻息荒く言ってしまったり、
なんかもう色々と大変(??)でした(笑)。

30分にも満たないホーシェンガウ城ツアーは終わり、
ノイシュヴァンシュタイン城に移動します。
ドラマに出てきそうな木立の中、馬車と遭遇したりして
mu110810h.jpg
おとぎ話はまだまだ続くのでした…。


↓よろしければ応援お願い致します m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。