--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ベルリン 7

2011年06月14日 11:36

昨日は9時過ぎにはベッドに入ってしまいました。
どうしてか分からないけど最近ダルさを覚えることが多いです。
今日はまだ火曜日かぁ~^^;

****************************

ベルリン3日目。
この日は天気が良くなかったので、天気に左右されることのないように
博物館島に行くことにしました。
ベルリンの博物館島(島って言っても小さな川みたいなものに囲まれているだけ)は
博物館・美術館が隣り合わせで何軒もあるので周りやすい。
(でも規模がとてつもなく大きいのでめっちゃ歩きますが…。

朝ご飯は前日にスーパーで買った、ヒマワリの種とチーズのパン。
br110614a.jpg
見かけどおりのおいしさです!
ちょっと酸味のある生地がチーズとよく合っていました。

さて、博物館島に向かうとその前にベルリン大聖堂が見えてきました。
br110614b.jpg
すごい迫力です。
料金が惜しくて(5ユーロだったかな?)中には入りませんでした(笑)。
これからきっとめっちゃすごい建物をたくさん見るだろうから、
心が動かなかったものはスルーすることにした(笑)。
その分心が動いたものはきっと鮮明に覚えてると思うんですよね。

博物館島の建物の一つ。
旧博物館。
br110614c.jpg
…でかい…^^;

でもまずはエジプト展示がある新博物館へ。
br110614d.jpg
建物自体が威風堂々として圧倒されます。

旧博物館からスタートしたのは、
何を隠そうかの有名な「ネフェルティティの胸像」が展示されているから!
すごい。本であれだけ見てきたあの胸像を実際に見ることが出来るなんて!!
でも残念ながら胸像自体は撮影禁止。
なのでじーーーっくり眺めてきました。1度見た後2度戻って見直した(笑)。
本当に綺麗でした。
シンメトリーで、肌の質感のしっとりさ、滑らかさがガラス越しでも分かった。
(ネフェルティティの胸像の画像はコチラです。)

ていうかさっきwikiで検索して初めて知りましたが
今エジプトとドイツでこの胸像の返還を求めて国際裁判中だそうです(笑)。

博物館のあちこちに、学校の課外授業(って言うの?)の学生たちが。
br110614e.jpg
こんな贅沢な課外授業を受けられるなんて幸せだなぁ。

いつもそうなんですが、美術館や博物館に行っても特に気負うことはなく
ただひたすらブラブラするのが好きな私…^^;
ブラブラしてたら、学生の頃泣かされたホメロスを発見!
br110614g.jpg
こんな顔してたんか…もうアナタの物語にはだいぶ泣かされましたよ。
試験の時どんだけ苦労した思ってるねん!と
超有名な古代ギリシャの吟遊詩人の胸像の前で毒づいた私…^^;

他にも、こういうのとか。
br110614h.jpg
おおー見たことあるー!どこかで(笑)。

こういうのとか…。
br110614p.jpg
古代美術史の教科書でお見かけしましたかしら…

エジプト展、かなり楽しめました。

そして次の建物、旧国立美術館へ。
新博物館はネフェルティティ効果か結構混んでましたが、
こちらはそうでもなかったです。
なのですごく贅沢に美術鑑賞が出来ました。
br110614j.jpg
こんな小部屋がたくさんある造りだったんですが、
自分一人だけでゆっくり鑑賞出来る機会が多かったです。

そんな中、なぜかすごく気になった絵画がこれ。
br110614k.jpg
Giovanni Segantiniというイタリア人作家のReturning Homeという作品。
画調が、明るいのか?暗いのか?
何でもない絵にも見えるのに、なんかすごーく気になったんです。
br110614l.jpg
この細かいタッチもすごいなぁって。
自分の語彙が乏しくて上手く説明出来ないのがもどかしい^^;

他にも、ゴッホの作品や
br110614m.jpg
ゴッホにしては控えめというか(笑)珍しいタッチ。

ゴーギャンの作品。
br110614n.jpg
ゴーギャンって一目で分かりますよねぇ。

ルノアールも。
br110614o.jpg
…うん、やっぱり綺麗だ。と素直に思った一枚。


博物館島巡りはまだまだ続きます。


↓よろしければ応援お願い致します m(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント

  1. ミントベリー | URL | zjBsg5MI

    ひまわりの種とチーズのパン、めちゃくちゃ美味しそうですね!
    以前旅行の候補地でドイツを検討した時に、美術館や博物館が集まっているエリアがある事を知りました。外観や中の作品がtamaさんの旅行記で見られるなんて感激です。

    ロンドンの美術館に行った時も、カラバッジョやレンブラントの作品の前で小学校高学年ぐらいの生徒達が説明を受けていました。ヨーロッパでは普通の事かもしれませんが、小さい時からホンモノに触れられる贅沢は羨ましいですネ。

    ↓何種類ものデザートのコース。何回も写真見て、それでも足りずに参加メンバーのBlogにもおじゃまして堪能させて頂きました。札幌にもこんなコースあったらなぁ。

  2. tama | URL | -

    ミントベリーさんへ

    ミントベリーさんこんにちは^^

    ドイツは本当にパンがおいしくて毎日楽しかったです(笑)。
    博物館島、すごい迫力でした。近いと巡りやすいから助かりますよね。
    >小さい時からホンモノに触れられる贅沢は羨ましいですネ。
    そうなんです、ホントに羨ましいな~と思いました。
    日本の学校でもこういうのってあるんでしょうか?

    デザートビュッフェ、おいしかったし楽しかったですよ~^^
    ミントベリーさん、いつか、落ち着いたら、関西に遊びに来て下さいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbfreak.blog45.fc2.com/tb.php/465-7c2399dc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。